ムームードメインでの独自ドメイン取得方法

Wordpress

エックスサーバーの契約を済ませたら、次は独自ドメインを取得しましょう。
エックスサーバーで契約した段階では、ブログのドメインの末尾は「xsrv.jp」になっています。
そのままでもブログ作成はできますが、独自ドメインを取得した方がSEO的にも有利になります。
独自ドメンを取得するのをお勧めします、

スポンサーリンク

なぜ独自ドメインが必要なのか?

ドメインというのは、ホームページの住所を明確に示すという役割があります。
いってみれば表札のようなものです。
ドメインがあるから迷わず思ったサイトにたどりつくことができます。

独自ドメインは自分の好きな文字を入れることができます。自分の名前やサイト名などの覚えやすい文字を入れれば、ブログに訪れる人も再び訪れやすくなるかもしれませんね。

最初にサーバーの指定したドメインより、独自ドメイン取得を取得しておく方がなにかと有利になります。
また、途中からドメインを変えようと思うとそれなりに面倒な手続きも必要になってきます。
後で面倒な思いをするより最初から独自ドメイン取得しておきましょう。

独自ドメインを取得すると、年間1,000円ほどかかります。
エックスサーバーでは「独自ドメイン」プレゼントなどのキャンペーンをやっていることもあります。
タイミングが合えば無料プレゼントでGetできるかもしれないのでチェクしてみてください。

キャンぺーン期間中でなければ、ムームードメインが割安で取得することができます。

では、ムームードメインでの取得方法を説明していきますね。

ムームードメインで独自ドメインの取得方法

まず、ムームードメインにアクセスします。

↓ ↓ ↓ こちらからムームードメインのサイトにアクセス
ムームードメイン

ムームードメインのページの右上のログインのところからをクリック。

次の画面の新規ユーザー登録をクリックすると次のような画面に変わります。

ムームーID(メールアドレス)」にメールアドレスを入力し、「パスワード」には好きなものを決めて入力します。

入力したら「利用規約に同意して本人確認へ」をクリック。

使用するブラウザによっては携帯電話による本人確認が必要な場合があります。
不安になるかもしれませんが、大丈夫なので進めてください。
スマホのショートメッセージに4ケタの番号コードがくるのでそれを入力してください。
(SMSショートメッセージが使えない人の場合は、音声ガイダンスに従って入力できます。)

新規ユーザー登録のお知らせが登録したメールアドレスが来るので大切に保管しておきましょう。

メール内の赤枠のところからコントロールパネルにログインすることができます。

登録ができたらドメインを取得していきます。

「欲しいドメインを入力」のところに使いたいドメイン名を入れます。

名前やサイト名など見つけてもらいやすい文字を入れるといいと思いますが、ずっと使い続けるものなのでよく考えて決めましょう。

「検索する」をクリックすると検索結果が出てきます。

「sakura」で検索したらほぼ「取得できません」という文字でした。

そんな時はもう少し文字を足してみるのもいいですし、他の文字に帰ることもできます。

取得できるときはこんな風に「カートに入れる」が表示されます。

ドメインはいろいろありますが、一般的によく使われる「.com」などを選ぶといいと思います。

決まったらカートに追加します。

「お申込みへ」をクリック。

次は「ドメイン設定」の画面になります。

WHDIS公開情報を「弊社の情報を代理公開する」にします。
ここを個人にすると個人の情報が公開されてしまうので気をつけましょう。

ネームサーバ(DNSの設定)をGNOぺポパ以外のサービスにします。

ドメイン設定」「連携サービス同時お申し込み」は特に変更せずに画面を下にスクロールします。

オプションサービス」や「ムームーメール」もそのままでスクロール。

お支払い方法はクレジットカード、おさいぽ!、コンビに支払い銀行振り込みから選べます。

必要事項を入力していき、内容確認して利用規約に同意して、取得していきます。

取得が完了したらメールが来ているので確認しておきましょう。

また、クレジット決済の場合クレジットカードを登録しておくと自動更新もできて便利です。

ドメインを取得すると登録したメールアドレスに「ドメイン情報認証のお願い」のメールが届きます。

このメールが届いたらこのメールに記載されたリンクから、対応日までにメールアドレスの認証を行う必要があります。
確認するのを忘れてしまった場合、取得したドメインでの閲覧ができなくなってしまいますので気をつけましょう。
必ずURLをクリックして認証してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました